ブラックジャックによろしくを読んだけど、研修医って大変なの?

少し前まで、研修医の過酷な労働が問題になっていました。
2002 年には、26 歳の研修医の過労死(心筋梗塞)についての裁判がありました。
一部の病院では、日中の勤務後、続けて夜勤をこなし、さらに日勤するという労働が当たり前のようにあったようです。

背景には、日勤の賃金が安く、夜勤のバイトが必要であったことや、民間病院で夜勤医が不足していることがあります。

しかし、最近の研修医は比較的余裕のある生活を送っているようです。
研修医の賃金を上げ、そのかわり時間外勤務を制限するという改正が行われたのです。

これによって、労働時間が短くなり、そのわりには給料も上がり、待遇が良くなったのです。(逆に言うと、夜勤が多くても収入が多いリッチな研修医は減りました。)

研修医の忙しさは、研修(ローテーション)先の診療科によって異なります。

一般に、緊急症例が多い脳外科、循環器科、救急科、外科系などは、忙しい科と言われます。

しかし、それは研修する科を選択する前から想定内のことであり、それが嫌な人は選択していないと思いますし、忙しい分より多くのことが学べ、やりがいのある科なのでむしろ人気の診療科だと思います。

最近では、画像診断の重要性が増しており、CT や MRI の専門的知識がないと診断が困難な場合が多くなっているので、高度な画像診断を学べる放射線科も、ローテーション先とし
て人気があるようです。
*CT ( = Computed tomography),
*MRI ( = Magnetic resonance imaging)

どの仕事を選んでもそうでしょうが、やはり 1 年目の研修医は大変です。
でも 2 年目ともなると、そこそこの自信もつき始め、そして 2 年の研修期間が終わると、研修医はもちろん医師には違いないのですが、医療の現場では、一番の下っ端です。
看護師さん、放射線技師さん、臨床検査技師さん、医局の秘書さんなど、すべての人にいろいろ教えてもらいながら、時にめちゃくちゃ怒られながら、勉強の日々が続きます。

しかし、苦労が多い分、その当時に学んだことは今でも忘れません。
おそらく、医師としての一生の財産になるのだと思います。




研修医の収入は?

以前は過酷な労働の割りに給料が安く、「まるで奴隷のようだ」と形容され、研修医の待遇は、労働基準法における最低賃金を下回る状態でした。

それによって「生活費稼ぎの徹夜のアルバイトの連続など医療事故の温床である」との指摘もあって、2004 年度からは月収 30 万円程度(特別手当無し)を支給するように国からの勧告がおりました。

このように現在の研修医は、アルバイトを禁止される代わりに、ある程度の固定給が約束されました。

このページの先頭へ