医学部生、医者にとって英語は必須能力

英語学習については、いろいろな意見や情報が溢れ、どうすべきか悩んでおられる保護者も多いのではないでしょうか。

まだ先の話ですが、将来医学生や医者になった時、英語は必須です。
よってこの場合、英語が不得意であるということは、やや問題となります。

また、医師の世界では、国際学会での発表や質疑応答、英文での論文作成など、かなりの英語力とコミュニケーション能力が必要になります。

さらに海外留学の機会も多く、筆記だけでなく「英語でのコミュニケーション能力」が重要です。

つまり、いわゆる受験英語だけでは不満で、できるだけ実用的な英会話のトレーニングも望まれます。

あくまで、医師になるという前提での話ですが、これらを踏まえて、将来へ向けた英語学習戦略を立てましょう。

小学校でも、いよいよ英語学習が必修化されました。

ただ、識者から指摘されているとおり、専門でない先生が英語を教えるのは簡単なことではありませんし、他教科すらきっちり教えることが難しいのですから、そんな劇的な学習効果は期待できないのではないでしょうか。

本音を言えば、むしろ国語や算数をしっかり学んでほしいと思います。
国際化時代とはいえ、日本で働く限り、ネイティブ並の英語力がないと仕事にならないような職業は、まだそんなには無いと思うのですが、これも時代の要請でしょうか。

ただし、否が応でも、中学になれば嫌というほど英語と向き合わなければなりませんので、小学生でも何らかの形で少しは慣れておく、少なくとも不得意意識を持たないですむ程度には、英語にも触れておきたいところではあります。

このページの先頭へ