医学部に入学してから卒業するまでの流れ

すでに何度か書いたように、医師になるには医学部に入学し、まず医学生となります。

大学によって、医学生の教育カリキュラムは様々です。
特に近年は、各大学によって多様化が進んでいます。

年度によっても改正されますから、共通する大まかな流れを示します。
医学部は6年生



【1~2年】
一般教育 & 基礎医学

一般教育として、生物・物理・化学や英語など、今後医学を学んでいく上で必要な基礎教科を学びます。
さらに、解剖学、特に骨学などから少しずつ専門教科もスタートします。

生化学、生理学、病理学、免疫学など、まだ少し臨床から離れた医学的基礎知識の強化を図ります。
解剖実習もこの時期に多く行われるようです。
さらに近年では、学生ワークショップや実地見学などを早期から行い、医師としての素地作りにも時間が取られているようです。


【3~4年】
基礎医学 & 臨床医学

基礎医学の続きから臨床医学へ、より臨床に近い授業が行われ始めます。
薬理学や内科学、外科学、・・・など、もうすぐ始まる臨床実習に入るためにも、絶対に手を抜けない授業(臨床講義)が目白押しです。
社会医学実習などもこの時期に多く行われるようです。


【5~6年】
臨床実習

臨床講義と、さらに臨床実習が本格的に始まります。
臨床実習は BSL(Bed Side Learning)とも呼ばれ,実際の医療現場で患者の接し方や診断・治療法などを、実習を通して学びます。
5名程度のグループで、1~2年間かけて各診療科や大学外の病院などで臨床実習を行います。
実際の患者さんの主治医になったつもりで、カルテや文献などを通じて実践的な学習をします。
外来診療を見学したり病棟回診にも随行し、教授や担当医師から、怒られたり褒められたりしながら実習が進みます。


共用試験 ( CBT: Computer Based Testing )
一部の大学間で実施されてきた臨床実習に入る前の大学間共通試験、いわゆる「共用試験(CBT)」が、最近一般的に広く普及してきています。
臨床医学課程終了し臨床実習が始まる時期に、コンピューターによる学科試験が行われます。

将来的には、次の臨床実習課程へ進む上で、この試験での一定以上の得点がその判定基準となっていくようです。

また 、同時に 「 客観的臨床技能試験 ( OSCE: Objective Structured Clinical Examination ) という、診察などの実技試験も併せて行われています。

このページの先頭へ