中学・高校受験で不合格になってしまったあなたへ

中学時代、すでにかなりの学力がある生徒でも、高校受験に失敗する場合があります。
どんなに実力がある生徒でも、受験という 1 発勝負の性質上、いろいろな要素で起こり得ることです。

何年、何ヶ月、いえ1日の中でも、精神的、肉体的な好不調もあり、それに伴って、成績や学習意欲にも波があります。
成績は上がっているようでも波がある

多少の好不調は人間である以上、必然のものです。

できる生徒ほど努力している分、より成績や合否について繊細なものです。

難しいことですが、時には思い通りにならないことがあると自覚し、どんな結果が出ても、短期間で切り替えられる強いメンタリティを持って欲しいと思います。

残念ながら中学・高校受験で不合格の場合、落ち込む気持ちも分かりますが、さらに3~6年後の大学受験までにはまだまだ時間があります。
良い指導者や相談できる人がいれば、十分医学部合格は可能です。

勉強は、できない子にはできないこの悩みが、できる子にもできる子なりの悩みがあります。

悩みができたら、身近な人に相談しましょう。
もちろん友達もいいですが、やはり大人の経験は力になると思います。

このページの先頭へ