医者になるためにどれくらい教育費が必要なの?

医師になるという挑戦は、生徒自身だけではなく、その保護者にとっても大変なことです。

例えば、経済的な面だけを見ても、幼児期からの英才教育をするにも、学校や塾の選択や教育費の捻出は一つの頭痛の種です。

もちろん、もっと後に中学や高校から本格的な勉強をスタートし医学部合格を目指す場合も、悩みはやはり同様です。

今の時代では、小学生の中学受験のための有名塾の費用だけでも年間 100~200 万円かかることもあります
これが、いわゆる家庭ごとの経済格差が、子どもの将来を左右すると言われるゆえんです。

医学部受験までの教育フロチャート(一般家庭と金持ちでの教育格差)

経済的余裕のある家庭では、これらの教育手段をフル活用しながら、医学部合格を目指すことが出来ます。
一方で、経済的余裕のない家庭では、計画性を持ち自宅学習を中心とした準備を進めていく必要があります。

理想はあくまで、できるだけ余分な教育費はかけずに、効率的に学習し、人間性も向上しながら、医学部に合格することです。

ちなみに私自身、高校以降は、塾にも予備校にも通っていません。

当サイトでは、誰もが医師になれるような方法論を中心にまとめていますので、教育費削減のご参考にしてください。


このページの先頭へ