医師免許の裏技的使い方とは?人脈や資金調達に使う

私は、医師として働きながら、異業種の仕事も並行して行っています。
その中で、医師免許にはもう一つの使い方があることに気が付きました。
それは、資金調達と人脈づくりです。

事業をするとなると、資本金や運転資金が必要になりますが、銀行をはじめとする金融機関は、そう簡単にはお金を貸してはくれません。
現在のように、不況で貸し渋りが問題になる時代ではなおさらです。

でも、医者なら、医師免許があれば、貸してくれます。
もちろん、借りたものは返さないといけませんが、それでも必要な時には助かります。

ただ、医師をしているだけなら、そんな必要もないとお感じになるかもしれませんが、人生はどんなことがあるかもわかりません。

家を建てる、開業する、マンション経営をはじめる(結構います)、家庭・実家・親族の事情・・・など。

このページの先頭へ