医学部受験に合格するための高校での学習計画

いよいよ高校生は医学部受験が迫っています。

まずは必要なことは、学力チェックです。

自分は何が得意で、何が不得意か。
模試ではどうだったか?
学年の成績はどうか?
通っている学校のレベルは?


これらを総合的に考えてみて、弱いところを早いうちに修正していく必要があります。


学校でするべきこと
中学と同様に、通っている高校のレベルによって、随分戦略が変わります。

中高一貫校では、高校 2 年で通常の高校課程は修了するペースで授業が進んでいるはずです。
まずは、学校のペースに遅れずに着いていくことが最低ノルマ。

普通校の生徒は、かなりの部分を自分自身で計画立てて、学習していかないと現役合格は難しくなります。

特に近年は、東大、京大や、地方大学でも、理科 3 科目を必要とする医学部もあり、志望校が決まっている場合は早めのチェックが必要です。

多くの高校のカリキュラムでは、これらをカバーできていないのではないでしょうか。

まず、高校 1 年が終わるまでに、英語と数学を徹底的に武器にしておくこと。


家庭でするべきこと
もう皆さんは、自分が何をすべきかわかるはずです。
今まで書いてあったことを実践するのです。

無駄な時間を作らない。
弱点は早めに修正する。
英語数学を手厚く学習する。
受験科目をチェックし、足りない科目は自習を始める。

必要なら、親と相談して、塾や通信教育、予備校、模試などを取り入れるか検討する。



将来、医学部を受験する高校生の君へ

医学部受験は、高校卒業するタイミングでやってきます(例外はありますが)。

とにかく、はじめから受験の準備に当てられる時間には限りがあり、それは誰もが知っているはずです。

知っているにもかかわらず、時間を無駄にして過ごしてしまうのが人間の弱い習性ですね。
これは大人も子どもも同じです。

でも、そこで何とか遊びたいのを我慢して、机に向かった人だけが成功をつかめるのです。

時間効率も大切ですが、まず決めた時間でしっかり集中して学習に取り組む習慣が大切です。

医学部受験は、高校卒業するタイミングでやってきます(例外はありますが)。

とにかく、はじめから受験の準備に当てられる時間には限りがあり、それは誰もが知っているはずです。

知っているにもかかわらず、時間を無駄にして過ごしてしまうのが人間の弱い習性ですね。
これは大人も子どもも同じです。

でも、そこで何とか遊びたいのを我慢して、机に向かった人だけが成功をつかめるのです。

時間効率も大切ですが、まず決めた時間でしっかり集中して学習に取り組む習慣が大切です。

このページの先頭へ