医者の収入ってどれくらい?

勤務医の収入は、お給料制なので、院長や理事長が決めた金額を貰うことになります。
相場で言うと、5年目以上の医師なら年収で 1000 万円~2000 万円ぐらいだと思いますが、都会と地方でも差がありますし、当然、専攻科や勤務時間によっても違います。

開業医の場合は、それこそピンからキリまであります。
患者があまり来ず、廃業してしまう場合もあります。

一方、最近ではやや難しいかもしれませんが、人気があって患者が大勢いるところでは、1億円を超える年収も夢ではありません。

ただ全体の傾向としては、医師の年収は低下傾向にあるとされています。

その原因は、国の医療費の増大により、保険収入(診療報酬)が減らされ、病院自体の収益が減少しているからです。

現在も、これ以降も、国家財政が劇的に良くなることは無いでしょうから、まだまだその傾向は続くと思われます 。

外科系や循環器系の医師の場合、患者さんから高額な謝礼を貰うことが多い(多かった)ようです。
* 他の科の医師でもいくらかは貰うこともあります。

以前、ある外科医から、年間で給料と同額の謝礼を貰っていると聞いたことがあります。
それが事実なら、もちろん税金はかからないから、まるまる手取りの収入となります。

謝礼には、入院前後、手術前後、術後の外来受診の際のもの、またお中元、お歳暮など、いろんなものがあります。

現金だけでなくギフトカードで貰うことも多いので、その場合日常に現金を使うことすら少なくなります。

一般に、「医師はめちゃくちゃ儲かる」と言われるのは、特に人気のある、流行っている開業医のことをイメージされて言われるのだと思います。

ここではあまり触れませんが、開業医、勤務医問わず、医師の収入や医療費の問題には、世間で言われることのない闇の部分が多くあります。
病院も、赤字になれば存続できないのですから、当然お金がらみの様々なことがあります。

今後も、それらが表立って出てくることはあまり無いと思いますが、皆さんが医師になった時には、必ず分かることだと思いますので楽しみにしていて下さい。




医師のアルバイトとは?

“医師のアルバイト”と言う言葉を聞いたことがあるかもしれません。
勤務医は、およそ毎日朝から晩まで勤める常勤医と、そうでない非常勤医にも分けられます。

アルバイトというぐらいですから、これは当然非常勤の扱いになります。
年収や月収ではなく、時給や日給でバイト料を貰う勤務です。

アルバイトにも昼間の日勤や、夜間の当直がありますが、これも勤務内容により手当て(バイト料)が違います。

救急車がバンバン来るような忙しい当直(夜間勤務)もあれば、ほとんど患者も来ず、ただ行ってほとんど寝るだけの、俗に“寝当直”と呼ばれるものまであります。

およそですが、バイト料は一晩の当直で2万円~10万円以下ではないでしょうか。
産科などの特殊なものでは、1回20万や30万円といったケースもあるようです。
一般的なサラリーマンから見れば相当高額な収入です。

このページの先頭へ