公立の中学校、高校のメリットとデメリット

ここでは一般的な中学校、高校についてお話します。

地域の公立中学に進み、高校受験に臨む。
これが、ほとんどの生徒の順路だと思います。

しかし、医学部に絶対進学すると早い段階で考えている生徒、保護者なら、さきほどの中高一貫校に進んでいるでしょう。

もちろん、そのつもりだったが、高校受験で失敗してしまったというケースもあるでしょう。
とにかく、まず「絶対医学部に行くんだ」という強い決意があれば、問題はありません。

公立小学校、中学校、高校のメリットとデメリット

公立中学、高校から将来の医学部合格を掴み取るには、学校に頼るだけではなかなか難しいため、
①自分で工夫して勉強する
または、
②進学塾に通う
と言うことになります。

はっきり言って、自力だけでというのはかなり困難です。

塾に通うかどうかはともかく、学校の先生、両親、知人など、誰か良きアドバイザーがサポートしなければ難しいでしょう。

そういう意味では、信頼できる学習塾や予備校に通うのは、良いペースメーカーになると思います。

その場合、都心部ではいいのですが、地方ではそれすらなかなか難しいこともあると思います。

普通校からの医学部受験では、授業の進度の遅さが問題です。
高校3年、もうすぐ受験本番と言う年末になっても、まだ全過程が終わっていないなんてことが、普通にあります。

まだ習ってない、もしくは習ってすぐにその領域の難問が解けるか?と考えるとやはり厳しいと思われます。

あらかじめ、自分なりに、学校よりも前もって進んで学習を行っておく必要があります。
合格のためには、絶対にそうする必要がありますから、覚悟を決めて自分で計画を立ててみましょう。

普通校が不利だという話ばかりしましたが、一方で普通校には普通校の良さがあります。

誤解を恐れずに書くと、勉強のできない生徒たちとも過ごしてきたことで、人間関係において将来の実社会の模擬体験が既にできているのです。

学習の環境面では中高一貫校に劣りますが、もし仮に、普通校から医学部に合格することができたなら、中高一貫校を卒業した生徒より、幾らかたくましい生徒になっている可能性があります。

現在、公立の中高一貫校も全国には数十校あります。
授業料も安く、保護者からも大変な人気だそうです。

私立校ほど高学力に偏重しているところだけではないようですが、やはり高校受験が無いという特徴を持ち、授業内容も精神的にも、ゆとりある学生生活が送れるようです。

このページの先頭へ