教育費を節約して医学部に合格する方法を教えます

テレビや雑誌などのマスコミで、高学歴を得るためには、入学前も入学後も高額な教育費がかかり、親の年収が低いと子どもはいい大学に進学できないという報道を目にすることがあります。

確かに東大の学生の親の平均年収が 900 万円以上というデータもあるそうです。

最近のマスコミは、一概に鵜呑みにできないようにも思いますが、確かに公立校のレベル低下や有名私立校の競争率増加などを見ると、教育にはお金がかかりそうだなと感じるのは確かです。

親の教育戦略


特に医学部に進学するとなると、とてつもなくお金がかかるんじゃないかと思われる保護者の皆さんも多いでしょう。

安心してください。
国立の医学部なら、他の理系学部の授業料、入学金と同額です。
納付金も寄付金も不要です。


医学部入学までの費用については、当サイトでできるだけ抑えるアイデアをご提供します。
今のご時勢では、お金の問題は大問題です。
勉強と同様、しっかり対策を立てましょう。

幼稚園のお受験から、果てしなくお金をかけて教育をしていくのも一つの方法です。

こうやって小学校に入るまでに、中学生レベルの学力まで持っていくことは可能だと思いますし、実際に日本にはゴロゴロいます。

この辺の教育論は、人それぞれ千差万別ですし、どれが正解と一概に決めることもできません。

ただ、割合でいけば、やはりできるだけ教育費を抑えて、医学部合格を手にしたい場合が多いと思いますので、当サイトではその方向で話を進めたいと思います。
 

このページの先頭へ