勉強してもテスト点数が上がらない!どうすればいいの?

ここでは「やる気を出すためには結果が必要」ということで、点数をとることについて説明していきたいと思います。

では具体的にテストで点数を取るためにはどうしたらよいのでしょうか?

小学校でも中学校でもテストで点数を取るために大切なポイントが二つあります。
やる気があること
やり方がわかっていること


このふたつが大切なんです。ただ、ここではやる気がないことを前提にスタートしていますので、もうひとつの「やり方がわかっていること」の方を説明していきたいと思います。

やる気がない以外に子供が勉強しない理由のひとつとしてどういう風に勉強していいか、やり方がわからないではないか?とおっしゃるお母さんはとても多かったです。

実はこの勉強のやり方がわからないというのはかなり曲者で、勉強のやり方がわからないと、もっとも大切な、勉強に対してのやる気自体をもなくしてしまう可能性があるのです。

マイナススパイラルに入る流れとして
1. やる気がなくなることによって、勉強しなくなり
2. 勉強しなくなるから、さらに結果が悪くなる。
3. ただ、勉強自体が積み重ねになっているため、
4. もうどこから手をつけていいかわからない
5. どうしていいかもわからない
ということをご説明したと思います。実は勉強のやり方がわからない場合も、このマイナススパイラルと、同じ流れになってしまいます。

例えば、今現在は、ものすごくやる気がある子で一生懸命頑張っていたとしても、勉強のやり方が悪いせいで結果が出ないと、いずれ、やってもやらなくても一緒だからやめとこうとなってしまうのです。その跡は「勉強をやめるから結果が出ない。結果が出ないからやる気がなくなる」というマイナススパイラルに入ります。

どちらにしても、結局たどる道は一緒ということなんです。勉強のやり方がわからない。
だから頑張っても結果が出ない。結果でないから勉強しなくなる。勉強しないからもっと結果がでなくなる、そして、さらにやる気がなくなる・・・・。ということなんです。

ここでのポイントは、じゃぁ逆に考えれば、勉強のやり方さえわかれば、結果が出るのではないか?ということなんです。

流れとしては
勉強のやり方が、わかった上で勉強する
やり方がつかめれば、成績があがる
成績があがるからもうちょっと頑張ろうと、やる気が出る
こういう流れに持っていこうということなんです。こういうプラススパイラル(好循環)に入るのです。そしたらしめたもので、親の褒め方さえ間違わなければ、ずっとプラススパイラルを続けることも出来るのです。

でも、そのためには子供に成績の上がる、テストで点数の取れる勉強のやり方を教えないとだめになりますよね?じゃぁ具体的にどうしたらいいのか?それを説明していきます。




基礎と応用・発展の違いって?

「暗記と理解の違い」は覚えていただけてますか?おさらいしておきますと、
暗記とはただ単に覚えること理解とは「なるほど!」と納得しながら覚えること
とご説明したと思います。さらに、「今の学校は暗記の方になってしまっていて、それを変えるにはかなり時間がかかる」ということも合わせて説明したと思います。

ただ、学校だけに頼れない今、自分でなんとか理解していかないとだめなわけなんですが、そのときに大切になるのが基礎という部分になるのです。皆さんもよく「基礎が大事、基礎が大切」って言われたことがあると思います。

「でも、基礎が大事ってどっからどこまでが基礎で、どっからが応用なの?」
と思ったことはありませんか?まずそれを説明してきますね。

例えば、算数でメートル法というのを小学校の2年生で習います。いつも子供に勉強しなさい!と言っているあなた!こんな問題がありましたよね?覚えていますか?

小学校2年生で習ったメートルからセンチメートルに変換する問題

どうですか?答えは思いつきますか?
わかってから、次に進んでくださいね。

答えは上から
100cm
150cm
300cm
となります。どうです?正解できましたか?

これを使って基礎と応用発展を説明しますと、

これはメートル法の基礎です。ようはここが基礎の基礎なんです。


これはメートル法の基礎と少数の基礎、ふたつの基礎が合わさってできた応用です。



これはメートル法の基礎と少数の基礎と掛け算の基礎の、みっつの基礎が合わさってできた発展です。

ようは
応用、発展といっても、基礎がいくつか集まってできている複合問題
に過ぎないのです。

そして、もっとも大切なことは、ひとつひとつの基礎的な部分を理解しておけば公立の小中学校校レベルなら十分カバーすることができるということなんです。結局は学校の先生がおっしゃるとおり「基礎が一番大切」ということは間違いないのです。何事も基本が大切ということです。

でも、ここでもお母さん方がよく言われる言葉があります。
その大切な基礎を学校で教えてもらってるんじゃないの?

そうなんです。もちろん教えてもらっています。でも、わたしたち大人が子供のころ、ゆとり教育がスタートする前の時代と同じようには教えてはもらってはいないのです。



今の学校では基礎はおしえてくれないの?

「小中学校の授業時間の減少」ということを説明しました。「年間約100時間授業時間が減少して、なんでそうなるの?という理解する時間が減った」ということでしたよね?あれが深く関係しているのです。

というのも、本来考えてしっかり理解しなければならない部分が基礎なのです。その基礎を理解する時間が減ってしまった今、学校だけの勉強時間では足りなくなってしまっているのです。

考えてみてください、あなたが子供のころと比べて、塾に行っている人、家庭教師をしている人、学習教材で勉強している人の数は増えていませんか?

以下の図をみてください。


小学生、中学生の塾に通っている割合 2005年 文部科学省の調査より
小学生、中学生の塾に通っている割合 2005年 文部科学省の調査より

小学生は4割近く、中学生は5割は塾に通っています。これは小学生では3人にひとり、中学生では2人にひとりが通っているということを指すのですが、「思ったより少ないじゃない?」という声が聞こえてきそうですので、補足しておきます。

例えば学習教材です。有名どころではチャレンジや学研、中央出版などがあげられます。
そして家庭教師です。これらはここには含まれていません。あくまでも自分で通うタイプの学習塾だけをカウントしています。

ということは、学習教材や家庭教師を足すともっと増えるわけです。1.5人にひとりは学校以外の勉強をしているという数値がでるかもしれません。今は学校の授業だけではたりないのです。

学校の授業時間だけでは基礎を理解できないのはわかった。ようは家でやらないとだめなわけでしょ?
そういうことなんです。今学校の授業についていくためには、基礎を勉強するには家で勉強するしかないのです。だから学校の先生も口が酸っぱくなるぐらいに「家庭学習が大事、勉強の習慣が大事ですよ」とおっしゃるのです。

先生には今の学校教育のことがわかっているのです。自分が教えているわけですから、授業時間が足りなくて「全員に理解させることは無理だ」ということがわかっているのです
だから先生は宿題を出すのです。

ただ、実際はどうでしょうか?

あなたの子供さんは家で平日何時間ぐらい勉強していますか?あなたが子供の頃と比べてどうですか?家庭学習の時間は減ってませんか?




家庭学習の時間、勉強をする習慣について

下の図をご覧になってみてください。
平日の家庭学習時間
この図は平日の小中学生の家庭学習の時間なんですが、「家庭学習はほとんどしない」と回答したのが小学生で約2割、中学生で約4割もいるわけです。さらに1時間以内ということで計算してみますと、小学生、中学生ともに約80%が1時間以内の勉強時間なのです。

おぼえていますか?

わたしたち大人が子供のころに言われてた、家庭学習の時間を。

小学生は学年×10分、中学生は学年プラス1時間

たとえば、「小学校3年生なら3×10分の30分、中学校1年生なら1プラス1時間の2時間は家で勉強しましょうね」ということなんです。ご存知の方も多いとは思います。

もしかしたら今もおっしゃる先生がいらっしゃるかもしれません。

ただ、正直いまの学校の授業時間数から行きますと、これでも足りないのです。にもかかわらず、上記のグラフを見ていただければ、さらに少ない子がほとんどだと思います。
そのかわりこういう時間数が増えています。

小学生・中学生の平日のテレビ・ビデオの平均視聴時間

これは休日ではなく、平日の話ですよ!小学生で「3時間くらい、3時間以上」と答えた子が3割を超え、さらに中学生では4割を超えます。

もちろん他にゲームしたり、外で遊んだりいろいろしますので、これからも家庭学習時間、勉強時間は減る一方かもしれません。ただ、このまま学年があがっていくとたいへんなことになるのです。

なんにしてもそうなんですが、子供は小さいときほど習慣がつきやすいものなんです。小さいときほど親のいうことを聞いてくれるものなんです。

たとえば、小学生の子と中学生の子では、どちらが歯磨きの習慣をつけやすいですか?どちらが親のいうことを聞きますか?当然小学生ですよね?

じゃぁ小学校1年生と4年生ではどうですか?やはり1年生の子の方がいうことをききやすくありませんか?学年があがれば反抗期にも入ってきます。特に勉強の習慣なんかは小さいときにつけていないものを突然やれ!といってもできるはずがないのです。

「今年は小学校4年生で大事な学年なんだから勉強しなさいよ!」
「今年は中3で受験なんだから、しっかり勉強しなさいよ!」
といっても、今までまったくやってなかったのにやれっていう方が無理なんです。はじめは子供も仕方なくやっています。でも、いずれやらなくなるのです。それは、勉強する習慣がついていないわけですから仕方ないのです。

ということはまず最初に
家で勉強する習慣をつける
というのが成績をあげていくためのひとつのポイントだと言えます。

塾に行ってようが、家庭教師をしていようが一緒なのです。結局家でどれだけ勉強が出来るのか?というのが大切なのです。
目安としては小学生の子であれば最低30分。中学生の子であれば最低1時間は机に向かうことができるようにしてください。

ただ、今までの学習時間がゼロだったのにいきなり1時間は無理なんです。中学生でもまずは30分を目標にスタートさせるのです。

でも、どうやって向かわせたらいいかがわからない?
あなたはこのサイトで何を学んだのですか?今現在マイナススパイラルにいる子をやる気にする方法を忘れましたか?思い出しましたか?そうです!「褒める」のです!!

褒められると自信が出る、認められたと思う」これを利用するのです。もちろん褒める部分は勉強以外の部分で構いません。野球が得意な子は野球を、サッカーが得意な子はサッカーを。歌がうまい子なら歌を、料理が出来る子なら料理を心から本心で褒めてあげてください。そして、そのあとこう付け加えるのです。

「たけしなら、なんでもやればできると思うのにな~お母さん」
「お母さんはたけしを信じてるよ」

これです。これが効くのです。これは「信じる」ということなんです。「お母さんはたけしを信じているよ」というのを真正面から伝えるのです。たとえば恋愛でも
なあ、お前浮気してないよな?
俺はお前を信じてるから
といわれるのでは、どっちがいいですか?

一方では「疑ってるの?」と思い、一方では「このひと信じてくれてるんだ」と思います。誰だって疑われるよりも信じてもらうほうがいいのです。

子供が親に「信じてるよ」といわれたら勇気が出るのです。頑張ろうと思うのです。これは一度ではなく、何度も言ってあげてください。何度も何度も言われると「本当に信じてくれてるのかなぁ」と思うものなんです。

まとめるとこうなります。
子供の得意な部分を褒める
褒めたあとに「やればできると信じているよ」と伝える
子供は信じてもらってると思う

これを繰り返し繰り返しするのです。

そうすると子供の行動が変わってきます。うそじゃありません。変わってくるのです。少しづつではありますが、「お母さんがいうから頑張ってみよう」となってくるのです。そして「じゃぁ30分だけやってみよう!」となってくるのです。

このページの先頭へ