研修医とは?

実は研修医という正規の資格はありません。

いわゆる研修医と呼ばれている医師も、医師には違いなく、もちろん医療行為ができます。

ただ、医師法で、診療に従事しようとする医師は2年以上の臨床研修を受けなければならず、その研修中の医師が、いわゆる研修医と呼ばれています。

その制度ですが、平成16年4月1日に現行の臨床研修制度がスタートしました。
幅広い診療能力の習得を目的として2年間の臨床研修を義務化し、また適正な給与の支給と研修中のアルバイトの禁止などが定められました。

この新しい臨床研修制度については、最近話題の『医師不足問題』とも密接に関係があります。



新人医師研修制度とは?

医学部を卒業すると、すぐに医師国家試験を受験します。これに合格すると、晴れて「医師」となるわけです(医師免許取得)。

平成16年以降の医師国家試験合格者には、2年間の初期研修プログラム(スーパーローテーション)が義務づけられています。

初期研修プログラム(スーパーローテーション)とは、様々な診療科で初期研修を行う制度のことです。
〔臨床ではなく研究の道に進む人は、この制度は関係ありません。〕

最終的にどの診療科を専門として選ぶかは、この過程が終了してから決めることになります。

自分が気になる科で、ある程度の実地経験をこのスーパーローテーション積んでから、最終的に選択することになります。(以前は、卒後すぐに、それぞれ専門に分かれていました。)

専門の科を選択する前に、様々な科を実際に見て経験することができ実地修練ができるので、卒業生達には好評でしたが、医師不足問題が逆に起こっています。


このページの先頭へ